TETSURO KIMURA

略歴

1955 熊本県相良村生まれ
1978 渡欧 ウィーン(オーストリア)
1979 新人展 ユニヤ-ギャラリー(ウィーン) 帰国
1980 幻想展 ギャラリーセキ(名古屋市)
1981 ザ・ホップウェイブ展 ギャラリーユマニテ(名古屋市)
1982 Event’82展 石橋美術館(久留米市)
1984 個展 筑後画廊(久留米市)
1989 人間賛歌大賞展 佳作賞受賞(北里研究所買い上げ)
四人展 OJギャラリー(ニューヨーク)
1991 リキテックスビエンナーレ展 奨励賞受賞
渡欧 ウィーン(オーストリア)(第1回熊本市人つくり基金にて)
1992 個展 ギャラリーアンダース(ウィーン)
1993 グループ展 リヒテンシュタイン宮殿(ウィーン)エーリッヒ・ブラウア氏と共に
個展 タルノフ市ギャラリー(ポーランド) 帰国
個展 福岡市立美術館市民ギャラリー
1996 西日本美術展 奨励賞受賞
1997 筑後美術展 大賞(松田締晶賞)受賞(久留米市買い上げ)
個展 18区バンクオーストリア(ウィーン)
1998 西日本美術展 優秀賞
個展 ガレリア・グラフィカbis(東京)
1999 個展 ギャラリー3A(ウィーン)
個展 ガレリア・グラフィカbis(東京)
銅版画集1980~1999(朝昼晩社・刊行)
2000 「版画芸術」108号オリジナル版画制作
2001 個展 鶴屋美術ギャラリー(熊本市)
2003 個展 湯前まんが美術館(球磨郡湯前町)
2004 個展 相良村・ふるさと館(球磨郡相良村)
2006 TETSURO KIMURA GALLERY開設(熊本市)
2007 二人展(ウィーン)ルチア・ラドワン氏と
2013 ポーランド・トゥチョフ美術館、ラドワン記念室に収蔵展示
2016 画集「光の誘惑」出版
2017 個展 福岡アジア美術館
アートフェア(オーストリア・ウィーン)
個展(オーストリア・ゴルス)
個展(ドイツ・ハイデルベルク)

Brief personal history:

1955 Born in Sagara,Kumamoto Prefecture
1972 Takes to painting after being deeply impressed by an illustrated book of the Vienna School of Fantastic Realism exhibit(sponsored by the Asahi Shimbun Company)
1978-9 Makes first trip to Europe and studies in Vienna,Austria
1988 Pubulishes first book of paintings,”Seimei/ai/hitobito(Life/Love/People)”
1991-3 Returns to Europe for second stay in Vienna,Austria
1999 Publishes second book of paintings,”Kimura Tetsurou douhanga(Tetsurou Kimura:Copperplate Engravings)” Asahiruban Inc.
2000 Creates oroginal art print for”Hangageijyutu(The Art of Prints)”Issue 108(Abe Publishing Ltd.)
2003 Publishes third book of paintings”Kimura Tetsurou-no-sekai(The World of Tetsurou Kimura)”
2006 Opens Tetsurou Kimura Gallery(Kumamoto City)
2013 Paintings are stored and displayed in the Radwan Memorial Hall at the Tuchow Regional Museum,Poland
2016 Publishes fourth book paintings, “Hikari-no-yuuwaku(Temptations of Light)”

Message

木村鉄郎の新世界

冨澤治子

「会わせたい作家がいる」と秀島由己男に連れられて木村鉄郎の作品を見に行った。40年来のつきあいだそうである。

過去の作品には、確かに秀島からの影響が感じられるものもあったが、2010年以降の作品は木村が長年かけてたどり着いた独特の玉虫色というべきか、シャボン玉の表面に見られるような、水に浮かぶ油のきらめきのような、揺らめきを伴うやわらかな七色の明るい色彩の世界が展開されていた。

80年代後半に発生した《人々》シリーズは、残していた根の部分や、それぞれとの距離を設けていた空間を取り払い、貴石(例えばメノウ)のような断面をみせて輝くやわらかな円形となり、それらが数あまたと隙間なくみっしりと集合する《生命賛歌》シリーズへと変貌する。画面の密度は高く、色彩感覚は素晴らしい。熱狂的な集中力はこのシリーズに特に顕著である。

最大から最小までをめぐるイメージの連続性を、かつてイームズ夫妻が映像作品《Powers of Ten》(1968)で劇的に表現したが、《生命賛歌》シリーズにおいて木村は、銀河の果ての星雲から地下に密やかに眠る貴石の断面までを貫くイメージの連続性をささやかな絵画の一画面で達成している。《光の誘惑》シリーズにも同様のことが言えるだろう。

最大から最小までをめぐるイメージの連続性については、アボリジニの優れた作家の特性と言えるが、木村の作品は、彼らの持つ壮大さ、宇宙大のスケール感とはまた違う表情を持つ。日本的とも言っていい繊細で心地よい色彩の調和や、小さな穴から万華鏡を覗いた時のような、不意打ちに無限の世界を垣間見た時の驚きがある。

さて一方、中央ヨーロッパの幻想画の系譜から木村が独自の道をこつこつと拓いてきたシリーズは、暗鬱な影をすっきりと取り払った《ブランデンブルグ協奏曲》シリーズへと辿り着いている。

背景はパステルトーンの水色や薄ピンクの空が広がり、その国土は明るい。奇怪だが可笑しみのある形態の赤い塔を中心に、管楽器のような音を奏でそうな、色とりどりの快活でユーモラスな形態の造型物は、植物の蔓のように生命力豊かに絡み合う。その様子は悪意がなく愛らしい。彼の本質的な明快さが表れている。

1970年代からキャリアを重ねてきた木村であるが、まさに今を新しいスタートラインとして、いよいよの仕事が始まる時のようである。

(とみさわ・はるこ 熊本市現代美術館主任学芸員)

The new world of Tetsuro Kimura

by Haruko Tomisawa

Yukio Hideshima, a copper-plate engraving artist, said that there was someone he wanted me to meet and took me to see Tetsuro Kimura’s paintings. They have known each other for over forty years.

Mr. Hideshima’s influence is seen on Mr. Kimura’s early paintings. However, Mr. Kimura’s work has reached to the development of a new world of soft, rainbow colors in his art pieces since 2010. The colors are iridescent, like the subtle gleam of oil on the surface of bubbles, or the color of shimmering water.

The roots of spherical bodies expressing people and their space between can still be seen in the ‘Hitobito, People’ series created in the 1980’s. Subsequently, they evolved into his ‘Seimeisanka, Paean to Life’ series in which the roots and spaces were taken away and the spherical bodies became much denser and round as if they are the cross-sections of sparkling precious stones, such as sardonyx. These series feature an extraordinary color sense and an extreme concentration of form.

Consecutive images from maximums to minimums were once sensationally expressed in the art film ‘Powers of Ten’ by Charles and Ray Eames in 1968. In a similar way, Mr. Kimura has managed to express continuous images from a galaxy at the edge of the universe to a cross-section of a precious stone sleeping silently in a basement in the small art frames ‘Paean to Life’ series. It’s the same in the ‘Hikari no Yuwaku, Allurement of Light’ series.

Although it is said that consecutive images of maximums to minimums are a characteristic of great Aboriginal artists, Mr. Kimura’s art pieces have different aspects. They have a Japanese style of sensitivity and a comfortable harmony of colors that surprises you, as if you have glanced at an infinite world through a kaleidoscope whereas Aboriginal art has grandeur and universal scale.

On another front, his new and original path created with the ‘Brandenburg Concerto’ series has been developed with the darkness of the Vienna School of Fantastic Realism completely absent from the paintings.

In his ‘Brandenburg Concerto’ series, the land is bright with a pastel-colored sky in light blue and pink. The red tower centered in the picture is bizarre and funny. The colorful musical instruments surrounding it look as if the winds play music, and are humorous in shape, as if they were lively tangled vines. It’s unmalicious and adorable and it shows his original cheerfulness.

Mr. Kimura has developed his career since the 1970’s, but his new artistic journey has just begun.

Haruko Tomisawa
Senior curator
Contemporary Art Museum of Kumamoto

Contribution text(画集寄稿文)

画集「光の誘惑」によせて

前川清一

ブラウアーとの出会い

1972 年、木村鉄郎氏は、 『ウイーン幻想絵画展』の図録を目にした。図録は戦後、ウイーンを中心に起こった新しい絵画の流れを紹介したものである。ルドルフ・ハウズナー、ヴォルフガング・フッター、エーリッヒ・ブラウアー、アントン・レームデン、エルンスト・フックスの作品が掲載されていた。

木村氏は、一目見るなり、精緻でカラフルな画面に目を輝かせた。なかでも、ブラウアーの「回想」(1965 年)に大きな衝撃と感銘を受けた。この多感な時期に「ウイーン幻想派」の図録と出会った事が画家を志す原点となった。

「脈絡」そして「釘人間」登場

初期作品の「孟宗林に鬼が出た」(1974年)は、ブラウアーの影響が見て取れる一方、将来、生み出される作品を暗示している。ポリープやトンネルの萌芽が見て取れる。

木村氏によれば、庭に咲いた朝顔の弦が絡みあう様子から、重層的なトンネルが現れたという。人物は、次第に単純化されてポリープ状となり、「つながり・脈絡」(1975年)が生まれ出た。「脈絡」シリーズの中には、ポリープが現れる。太いパイプ状のものや毛細血管に似た幾多のトンネルが複雑に絡み合うなかに、ポリープが登場する。しかし、よくみるとこれらのポリープは、トンネルにより繋がれている。

また、「釘人間」(1977 年)が生まれ出た。釘人間は、どこか楽しそうである。色とりどりの釘は、いたるところに打ち込まれたり、宙に浮かんだりしていて、シュールで不思議な世界だ。

木村氏の目を通して描かれた世界は、見た者に強烈な印象を与える。若干、二十歳を過ぎたばかりであるにもかかわらず、誰にも描けないオリジナリティに溢れた作品が綺羅星の如く生れ出た。

夢の実現へ

1978年、満を持してウイーンへと飛び立つ。ウイーンでは、日本で描いた「つながり・脈略」を画商に持ち込んだ。東洋の果ての来客に、絵の買い取りや販売についてノーサインを出すも、持参した絵を見た店主は、ブラウアーへの紹介状をしたためてくれた。

ブラウアーとの出会いと指導により、充実した日々を過ごした。翌年、店主の勧めで、新人展(ウィーン・ユニヤーギャラリー)への出品も叶った。

帰国後、その成果は「ザ・ポップウェイブ展」において、作品を披露することが出来た。ギャルリーユマニテ(名古屋市)の主催で、画廊の主は木村氏の絵を高く評価した。

二度目の渡航とその後

1991年、木村氏は、「社会の各分野で指導的役割を果たすべき創造性豊かな人材を育成目的」に設けられた「熊本市制100周年記念人づくり基金」により、第一回の援助を頂く栄誉に預かった。この基金でウイーン応用美術大学のフッターの下を訪ねることが出来た。

フッターからは、特別に指導を受けることが許された。滞在中に「回復」シリーズが生まれた。「回復」(1993年)は、三角形の上部に、無数の球体が描かれている。ポリープは進化して球体となった。球体の一つ一つは「魂」を表す。無限の球体は、命の集合体でもある。
ここに、「生命讃歌」シリーズが誕生する。

1993年9月、帰国すると、「生命讃歌」100号の大作に取り組む。完成した作品に圧倒されない者はいないであろう。如何ほどの時間と労力を強いられたのかと、嘆息するであろう。木村氏は、この苦行ともみえるストイックな作業の果てに、何を得、何を見たのであろうか。限りない魂を描き込みながら、果てしない宇宙の根源、それは彼なりの曼荼羅図であったに相違いない。

ところで、1997年、久留米市主宰の筑後美術展で大賞(松田諦晶賞)を受賞した。「人々シリーズ(縁)」100号は、この時期を代表する傑作である。同作品は、久留米市に買上げられた。さらに、2013年、ポーランドのトゥチョフ美術館ラドワン記念室に20点の作品が収蔵された。

さらなる高みへ

2005年、「音楽の花」シリーズは、音楽とのハーモニを描き、一段と明るい画面になった。
2010 年「歓喜の歌」シリーズは、ベートベンの第九交響曲に由来する。球体に大きく裂けた口が現れて、精一杯の喜びを表現する。また、「リボン」シリーズは、愛への感謝のしるしで満たされている。このように、2000年以降、一貫して生の喜びをテーマとした。

ブラウアーを敬愛した木村氏は、この平和な世界で絵を描く必然性についての自問が始まる。「生命讃歌・光の化石」(2015年)は、進むべき方向を指し示す道標に違いない。

On”Temptations of Light”

by SEIICHI MAEKAWA

Encountering Brauer

Tetsurou Kimura first caught sight of the illustrated book, “The Exhibition of the Vienna School of Fantastic Realism”, in 1972. Inside was a collection of paintings showcasing the eponymous new art movement which had arisen mainly in post-war Vienna and contained works by Rudolf Husner, Wolfgang Hutter, Arik Brauer, Anton Lehmden and Ernst Fuchs.

Kimura’s eyes lit up immediately at the sight of these pictures whose images were as delicate as they were colorful. Brauer’s “Der Rückblick” (1965) made a particularly lasting impression on him. It was this encounter with the Vienna School at such an impressionable period in his life that sparked Kimura’s resolve to become a painter.

Enter “Chain of Reasoning” and “The Nailman”

While Brauer’s influence can be seen in an early work of Kimura’s entitled, “A demon appeared in the moso bamboo grove” (1974), adumbrations of his own future paintings are present as well; for one thing, the germ of his polyps and tunnels can be gleaned.

According to Kimura, the idea for multilayered tunnels grew out of the tangle of morning glories in his garden; and emerging from the notion of the gradual simplification of a person into a polyp, the humanoid figure in “Ties/Chain of Reasoning” (1975) came to fruition. Within the “Chain of Reasoning” series, polyps take center stage. Polyps seem to spring out of the complex tangle of numerous tunnels resembling fat tubular objects and hair-thin blood vessels. However, upon closer inspection, one notices that these polyps are tied together in an interconnected chain of tunnels.

“The Nailman” (1977) was also born during this phase. The work seems to be concealing a hidden joy. It is a surreal and mysterious world punctuated by an infinity of vibrant nails suspended in space.

This world as depicted through Kimura’s eyes staggers the viewer. Despite being produced by someone scarcely 20 years-old, his works, like glittering stars, exude an inimitable originality.

To the Realization of Dreams

Later, when the time was ripe, Kimura ventured to Vienna in 1978. He brought his “Ties/Chain of Reasoning”—painted in Japan—to a local art dealer, who initially did not know what to make of this man from the edges of Asia, who was suddenly inquiring about the selling of his paintings. However, once the dealer saw the painting Kimura had brought with him, he offered to write him an invitation to meet Brauer.

Owing to his acquaintanceship with and tutelage under Brauer, Kimura’s time spent abroad was fulfilling. The following year, thanks to the same shop owner’s endorsement, a work of Kimura’s was displayed at the new exhibition, “Vienna Junija Gallery”.

As a result of this journey to Europe, Kimura was able to display his works at The Pop Wave Exhibit when he returned to Japan. Sponsored by Galerie Humanite (Nagoya), the owner of the gallery praised Kimura’s paintings.

Second Trip Overseas and Thereafter

In 1991, Kimura received the honor of becoming the first to be granted the “Kumamoto City Century Fund for Human Development” which was founded upon the idea of “cultivating creative individuals to lead in various fields of society”. With this funding, Kimura was able to study under Hutter at the University of Applied Arts Vienna.

Hutter gave Kimura special permission to receive his instruction. During his stay, the “Healing” series was born. “Healing” (1993) features an infinity of globes atop a triangle. Here, Kimura’s polyps have become globes. Each and every globe represents a soul. The infinity of these globes is thus the totality of life as well. Hence, the “Hymn of Life” came to light.

After returning to Japan, in September, 1993, Kimura started on his masterwork, 162×130cm”Hymn of Life”. Surely there can be no one who is not mesmerized by the finished product. It boggles the mind to think of how much time and effort went into such a work. What did Kimura gain or see at the end of this self-mortifying but stoic labor of passion?: seeking the source of the endless universe through an infinite calligraphy of souls; this can be nothing other than his very own mandala.

Incidentally, Kimura also received the Kurumeshi Shuusai’s”Matsuda Teishou Award” at the Chikugo Museum of Art. 162×130cm “People Series (Frame)” is a masterful representative work of this period. The same painting was purchased by the City of Kurumeshi. Furthermore, in 2013, twenty of Kimura’s artworks were displayed in the Radwan Memorial Hall at the Tuchów Regional Museum in Poland.

To Even Greater Heights

2005’s “Flowers of Music” series portrays a musical harmony which adds an element of brightness to Kimura’s images.

The “Ode to Joy” series in 2010 refers to Beethoven’s 9th Symphony. Widespread smiles have now split open Kimura’s globes in a wholehearted expression of utter joy. The “Ribbon” series also exudes a sense of serenity in gratitude towards love. In this way, the works starting in the 2000’s consistently thematize the joy of life.

Kimura who respects and admires Brauer, is now beginning to meditate on the necessity of painting pictures in this peaceful word. “Ode to Life/Fossil of Light” (2015) undoubtedly shows a moral compass pointing the artist and the viewer in the right direction.